テレビと男性
「いつまで、レンタルビデオ店に通うつもり?」

映画・アニメ・国内/海外/韓流ドラマ・バラエティ・スポーツなどを観るなら、動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド/VOD)で、インターネット配信されている動画を観るのが今のトレンド。

当サイト『ムービー通』では、数ある動画配信サービス(VOD)を比較・評価し、本当におすすめの動画配信サービス(VOD)を紹介しています。

「動画配信サービス(VOD)、色々ありすぎて正直どれが良いのかわからない…。」というそこのあなた!当サイト『ムービー通』にお任せあれ。

さあ、自分にぴったりの動画配信サービス(VOD)を探しに行こう!!

動画配信サービス(VOD)とは?

スマホとパソコン

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド/VOD)とは、スマートフォン・パソコン・テレビなどのインターネット端末から、好きな映画やアニメなどの動画を視聴できるサービスのことです。

かつて、インターネット経由で動画を視聴できるサービスといえば、YouTubeやニコニコ動画などのようにユーザーが動画を自由にアップできる「無料動画共有サービス」が広く知られておりました。

しかし、2011年に「Hulu(フールー)」が日本向けのサービスを開始して以降、サブスクリプション型とも呼ばれる「定額料金制の有料動画配信サービス」が急激に人気を獲得していきました。

当サイト『ムービー通』で主に紹介しているのは、この「定額制動画配信サービス」です。

定額制動画配信サービスの人気の秘訣は、「定額料金を支払うことで、対象の動画を見放題で視聴できるというところ。

お気に入りの映画やドラマやアニメなどを、何回観てもOK!何本観てもOK!一月に動画を1本観ても、300本観ても、料金は同じという、まさに”見放題”。

これまでレンタルビデオ店でDVDを1本レンタルするのに2~300円支払っていたのが勿体なく感じるほど、動画配信サービス(VOD)は、「お得」です。

動画配信サービス(VOD)の料金

パソコンと財布
定額制動画配信サービス(VOD)にかかる料金は主に二種類!

  • 「定額料金」
  • 「PPV(個別追加課金)」

「定額料金」とは、定額制動画配信サービス(VOD)を利用するのに必要な料金です。

サービスごとに料金は異なりますが、概ね月額500円~1,000円の料金で、対象の動画を定額見放題で視聴することができます!

「PPV(個別追加課金)」とは、動画1本ごとに料金を支払って動画を視聴する方式のことです。

定額見放題の対象では無い動画は、月額料金とは別に100円~500円ほどの追加料金を支払って視聴する必要があります。

動画配信サービス(VOD)の料金支払い方式は、主にクレジットカードの引き落としですが、サービスによっては携帯キャリア支払いやPayPal決済、各種電子マネー決済や、iTunes/GooglePlay決済などを選べる場合もあります。

クレジットカードをお持ちでは無い方は、サービスに登録する前に決済方法を確認しておいた方が良いでしょう。

また、ほとんどの動画配信サービス(VOD)は無料サービスお試し期間を設けており、初回2週間~1ヶ月間程度はサービスを無料で体験することができます!

無料トライアル期間を利用して、その動画配信サービス(VOD)のコンテンツ・仕様・使い勝手などを確認してみるのがコツです。

ちなみに、無料体験期間中に動画配信サービス(VOD)を解約した場合は、料金は一切かかりません。なので、ちょっとでも気になるサービスがあれば、とりあえず無料体験してみるといいですよ。

(動画配信サービス(VOD)の料金についての詳細は↓こちら↓)

動画配信サービス(VOD)の対応デバイス

スマホとパソコン
動画配信サービス(VOD)はインターネット経由で動画を視聴できるサービスということは先述の通り。しかし、そのサービスに対応している端末は、このように非常に多種多様で…。

  • 『スマートフォン』Android/iPhoneなど
  • 『タブレット』Android/iPad/Kindle Fireなど
  • 『PC』Windows/Macなど
  • 『スマートテレビ』BRAVIA/VIERA/AQUOSなど
  • 『メディアストリーミング端末』Chromecast/Fire TV Stick/Apple TVなど
  • 『ゲーム機』PlayStation 4/Wii Uなど

動画配信サービス(VOD)は、スマホ(アプリ)やパソコン、タブレットなど携帯型のインターネット端末から視聴するものというイメージがありますが、実はテレビからの視聴に対応しているサービスも数多くあります。

インターネットに接続できる『スマートテレビ』をお持ちの方は、すぐに動画をテレビから再生することができます。

そうでない場合も大丈夫。”Chromecast””Apple TV”などの『メディアストリーミング端末』、あるいはPlayStation 4などの『ゲーム機』を利用することでも、動画をテレビから再生可能です。

このように、あらゆる端末から動画を視聴できる(マルチデバイス)ことが、動画配信サービス(VOD)のメリットの一つです。

例えば、帰宅中の電車内で海外ドラマをスマートフォンから視聴していて、家に帰ったらそのドラマの続きをテレビの大画面で視聴する…という使い方も出来ちゃう。楽しみ方は無限に広がります。

動画配信サービス(VOD)のメリット

スマホ
動画配信サービス(VOD)のメリットを今一度考えてみましょう。動画配信サービス(VOD)を今すぐ利用するべき理由はこちらです。

  1. 動画配信サービス(VOD)は、便利!
  2. 動画配信サービス(VOD)は、格安!
  3. 動画配信サービス(VOD)は、合法!

動画配信サービス(VOD)は、便利!

動画配信サービス(VOD)のメリットとしては、「動画配信サービス(VOD)は、便利で、使いやすい」ということがまず挙げられますね。

動画配信サービス(VOD)は、テレビ・スマートフォン(アプリ)・パソコンなど、様々なインターネット端末から動画を視聴できる万能なサービスであることは先程も説明しましたね。

加えて、動画配信サービス(VOD)は、インターネットで全て完結。

例えば、これまでは映画を観たいと思ったら、外出して…レンタルビデオ店まで行って…その映画のDVDを探して借りて…帰ってきて…DVDプレイヤー起動して………観終わったらDVDの返却しに行って…という手間が必要でしたね。

しかし、動画配信サービス(VOD)の登場により、もうレンタルビデオ店にわざわざ足を運ぶ必要は無くなりました。「延滞金」や「貸し出し中」に悩まされることもありません。何なら家から出る必要すらも無し!

圧倒的な利便性。これこそが動画配信サービス(VOD)を今すぐ利用すべき理由の一つです。

動画配信サービス(VOD)は、格安!

続いて、「動画配信サービス(VOD)は、料金が安い」ということも大きな利点でしょう。

例えば、人気の定額制動画配信サービス(VOD)「Amazonプライム・ビデオ」なら、一月当たり約408円(税込)でサービスを利用することができます。

また、定額制動画配信サービス(VOD)の料金相場は、だいたい月額500円~1,000円程度。そんな格安料金で、対象の動画を見放題で視聴することができます。

これまでは、レンタルビデオ店の旧作DVD1本当たりに100~200円の料金を支払っていたかと思います。あれもこれもレンタルしちゃって、貸し出し料金2,000円とかになってしまった経験ありますよね。

しかし、動画配信サービス(VOD)なら、そんな高額料金を支払う必要はありません。

極端な話、一月に動画を1本観ようが、100本観ようが、料金は全く変わらないというのが動画配信サービスの”見放題”の特徴です。いっぱい観れば観るほどお得なんです。もしレンタルビデオ店でDVD100本借りたら、その料金は…。言うまでもないですね。

これらを考慮すると、動画配信サービス(VOD)が、いかに料金が安いか。ということがわかりますよね。

動画配信サービス(VOD)は、合法!

そして、「動画配信サービス(VOD)は100%合法で、安全である」ということもメリットになるでしょう。こんなことを言うと逆に胡散臭いかもしれませんが、まあ聞いてください。

よく、TVドラマやアニメなどが、YouTubeや海賊版サイトなどに違法アップロードされていることがありますね。

それらの違法動画は、無料で視聴できてお得と思うかもしれませんが…違法とわかって視聴すると罪に問われる可能性もありますよ!また広告がバンバン出てきたり画質も悪かったり、デメリットも多いです。

しかし、動画配信サービス(VOD)で配信されている動画は、販売元が公式に提供しているもので、違法性は全くありません。鬱陶しい広告も無く、高画質で快適に動画鑑賞を楽しむことができます!

また、動画配信サービス(VOD)の運営元も、有名大手企業ばかりで、怪しくないですよ。例えば…。

  1. 「携帯会社」が手がける動画配信サービス
    例:docomo『dTV』、KDDI『ビデオパス』
  2. 「テレビ局」が手がける動画配信サービス
    例:フジテレビ『FODプレミアム』、日本テレビ『Hulu』
  3. 「IT企業」が手がける動画配信サービス
    例:Amazon『Prime Video』、楽天『Rakuten TV』

このように、国内外の大手企業が、動画配信サービスを手がけているということがわかりますね。2019年末には、あのディズニーまでもが定額制動画配信サービス(VOD)の運営を開始するとか。いやー注目ですね。

動画配信サービス(VOD)は、オーバーに言えば、「時代を変えるもの」であると私は考えています…!

まだ利用していないなんて、時代に乗り遅れていると言っても過言ではありません…!

(もっと動画配信サービスについて詳しく知りたいなら↓こちら↓)

定額制の動画配信サービスを比較

スマホと女性二人
それでは、国内で人気のある定額制動画配信サービス(VOD)の概要を、一覧で比較して見ていきたいと思います。

定額制動画配信サービス(VOD)は、配信している動画によって2種類に分けることができます。

  • 「定額制の動画配信サービス」(一部の動画は個別追加課金(PPV)あり)
  • 「完全定額制の動画配信サービス」(追加料金不要)

定額制動画配信サービスで配信されている動画の一部(新作の映画など)は、月額料金とは別に、100円~500円程度の個別追加課金(PPV)をしなければ視聴できないことがあります。

ただ、そういった個別追加課金(PPV)が必要な動画を一切配信しておらず、月額料金以外の追加料金が全く必要ないサービスも存在し、そのようなサービスを「完全定額制の動画配信サービス」と呼びます。

あなたが気になる定額制動画配信サービスの料金形式は、上記2つのどちらなのか?事前に確認しておく必要があると言えましょう。

定額制の動画配信サービス15社比較早見表

では、人気のおすすめ定額制動画配信サービス(VOD)の、「料金形式」「料金」「無料期間」この非常に重要な3つの要素を、比較していきましょう!

料金形式 料金 無料期間
Hulu(フールー) 完全定額料金制 月額933円
(税抜)
初回2週間無料
FODプレミアム 定額料金制
(一部PPVあり)
月額888円
(税抜)
初回1ヶ月無料
U-NEXT(ユーネクスト) 定額料金制
(一部PPVあり)
月額1,990円
(税抜)
初回31日間無料
dTV 定額料金制
(一部PPVあり)
月額500円
(税抜)
初回31日間無料
auビデオパス 定額料金制
(一部PPVあり)
月額562円
(税抜)
初回30日間無料
Amazonプライム・ビデオ 定額料金制
(一部PPVあり)
月割408円
(税込)
初回30日間無料
Netflix(ネットフリックス) 完全定額料金制 月額800円~
(税抜)
初回1ヶ月無料
TSUTAYA TV/DISCAS 定額料金制
(一部PPVあり)
月額933円~
(税抜)
初回30日間無料
ビデオマーケット 定額料金制
(一部PPVあり)
月額500円~
(税抜)
初回月無料
Paravi(パラビ) 定額料金制
(一部PPVあり)
月額925円
(税抜)
初回30日間無料
DAZN(ダゾーン) 完全定額料金制 月額1,750円
(税抜)
初回1ヶ月無料
DMM見放題chライト 定額料金制
(一部PPVあり)
月額540円
(税込)
初回2週間無料
dアニメストア 定額料金制
(一部PPVあり)
月額400円
(税抜)
初回31日間無料
アニメ放題 完全定額料金制 月額400円
(税抜)
初回1ヶ月無料
バンダイチャンネル 定額料金制
(一部PPVあり)
月額1,080円
(税込)
初回最大1ヶ月無料

それでは、こちらの定額制動画配信サービス(VOD)の中でも、特におすすめできるサービスを5つピックアップし、詳しく紹介していこうと思います。

動画配信サービス『Hulu(フールー)』を比較

Hulu

サービス体系 完全定額制動画配信(追加料金なし)
動画配信本数 50,000本
料金 月額933円(税抜)
無料期間 初回2週間無料
対応デバイス スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機

Hulu(フールー)とは、アメリカ・ロサンゼルス発の「完全定額制の動画配信サービス」です。日本国内でのサービス運営には、日本テレビ(日テレ)が携わっています。

Hulu(フールー)では、海外ドラマや映画、アニメなどの他に、日テレのドラマやバラエティ、FOXチャンネルやプロ野球巨人戦のリアルタイム放送に至るまで、海外・国内のコンテンツをどちらも幅広く見放題視聴できます。

5万本以上の動画を配信中で、その全てが見放題視聴可能!月額料金933円以外の追加料金は一切不要です。ダウンロード再生機能や、フルHD画質にも対応。総合的に優れたVODサービスであり、万人におすすめできます…!

まずは、Hulu(フールー)のサービス初回2週間無料お試しをどうぞ!

動画配信サービス『Hulu(フールー)』の詳細は↓こちら↓

動画配信サービス『FODプレミアム』を比較

FOD

サービス体系 定額制動画配信(個別課金コンテンツあり)
電子書籍配信(漫画・雑誌など)
動画配信本数 30,000本
料金 月額888円(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料
対応デバイス スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ

FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムとは、テレビ局のフジテレビが運営する、「定額制の動画配信サービス」です。

FODプレミアムは、フジテレビのドラマやバラエティやアニメなど、自社の番組を多く見放題配信しているオリジナリティ溢れるサービスです。独占配信作品はなんと5,000本以上!最新の月9ドラマや、昔懐かしの名作ドラマ、人気のバラエティまで、FODプレミアムでしか観れない作品たっぷりです!

また、毎月最大1,300円相当のポイント配布サービス電子書籍読み放題サービスなども利用できて、料金は月額888円(税抜)。実は非常にお得で、いま人気急上昇中のおすすめサービスですよ~!

まずは、FODプレミアムのサービス初回1ヶ月無料お試しをどうぞ!

動画配信サービス『FODプレミアム』の詳細は↓こちら↓

動画配信サービス『U-NEXT(ユーネクスト)』を比較

U-NEXT

サービス体系 定額制動画配信(個別課金コンテンツあり)
電子書籍配信(漫画・雑誌など)
動画配信本数 140,000本(うち見放題動画9万本)
料金 月額1,990円(税抜)
無料期間 初回31日間無料
対応デバイス スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機

U-NEXT(ユーネクスト)とは、株式会社U-NEXT(USENの関連会社)が運営する、「定額制の動画配信サービス」です。

U-NEXT(ユーネクスト)は、動画14万本配信(うち9万本見放題)の厚みで、映画・アニメ・国内/海外/韓流ドラマなど超大量見放題!また、電子書籍配信サービス・毎月1,200円相当のポイント配布サービスなども行っており、様々なコンテンツをお得に楽しめます。

さらに機能性も優秀で、ダウンロード再生・最大4台端末同時再生・フルHD画質/4K画質にも対応。料金は高くとも、そのサービスは最高級です!テレビ視聴環境も非常に整っているため、"こだわり"の動画鑑賞をしたい方におすすめッ!

まずは、U-NEXT(ユーネクスト)のサービス初回31日間無料体験はいかが?

動画配信サービス『U-NEXT(ユーネクスト)』の詳細は↓こちら↓

動画配信サービス『dTV』を比較

dTV

サービス体系 定額制動画配信(個別課金コンテンツあり)
動画配信本数 120,000本(見放題動画本数)
料金 月額500円(税抜)
無料期間 初回31日間無料
対応デバイス スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ

dTVとは、NTTドコモが提供する、「定額制の動画配信サービス」です。ドコモの携帯を使っていない方でも利用することができます。

dTVのおすすめ人気ポイントはコスパの良さ!見放題動画本数12万本・料金500円と、低価格で非常に多くの動画を視聴できます。

配信ジャンルは映画・アニメ・国内/海外/韓流ドラマ・バラエティ・音楽・カラオケ・ムービーコミックなど多種多様な全18ジャンル見放題。ダウンロード機能もあり、テレビ視聴環境もバツグンなど、機能性も優秀!とってもお得なサービスと言えましょう!

まずは、dTVのサービス初回31日間無料お試しを利用しましょう!

動画配信サービス『dTV』の詳細は↓こちら↓

動画配信サービス『auビデオパス』を比較

ビデオパス

サービス体系 定額制動画配信(個別課金コンテンツあり)
動画配信本数 10,000本(見放題動画本数)
料金 月額562円(税抜)
無料期間 初回30日間無料
対応デバイス スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ

auビデオパスは、携帯会社のau(KDDI)が手がける、「定額制の動画配信サービス」です。2018/8月からauの携帯ユーザー以外でも利用できるようになりました。

auビデオパスは、月額料金562円(税抜)と低価格で映画やドラマやアニメなど見放題で視聴できます。テレビ朝日との提携により、テレ朝のドラマ・バラエティ・特撮などを視聴できる点も人気!最新の人気TVドラマの見逃し配信も充実です。

また、毎月540円相当のポイントが貰えるサービスもある他、映画館の料金割引(auマンデイ)・試写会招待など、映画好きには嬉しい特典も。様々なキャンペーンが実施されていて、料金以上にお得さを感じさせるサービスです!

まずは、auビデオパスのサービス初回30日間無料お試しをどうぞ!

動画配信サービス『auビデオパス』の詳細は↓こちら↓

もっと動画配信サービスを比較するなら…

上記のおすすめ定額制動画配信サービス(VOD)以外のサービスも比較したいなら、以下の記事を参照してみてください!

当サイトおすすめ厳選、”定額制の動画配信サービスおすすめ比較ランキング2019最新BEST10”です!動画配信サービスを比較する上でのポイントなども合わせて紹介しています。check it out!!

動画配信サービス(VOD)の選び方

パソコンを見る男女
さて、どのような動画配信サービス(VOD)があるか大体わかってきたかと思います。気になったサービスはありました?そろそろ本格的にサービスを選んでいきましょうか。

いずれの動画配信サービス(VOD)も初回無料お試し期間を設けているので、気になったサービスは全て無料体験してみて、「ハマった」サービスだけ継続利用していくというのが本当は一番良いのですが…「それはめんどくさい」というあなたへ。

動画配信サービス(VOD)を選びやすくするためのポイントをしぼってみました、

  • 『映像ジャンル』で動画配信サービスを選ぶ
  • 『端末』で動画配信サービスを選ぶ
  • 『仕様』で動画配信サービスを選ぶ

『映像ジャンル』で動画配信サービス(VOD)を選ぶ

動画配信サービスを選ぶ上で一番大事な考え方。
それは「あなたが観たい動画はあるか?」ということです。

料金の安さやコスパばかり気にしすぎて、「登録してみたはいいけど結局観たい作品がほとんど無い…」なんてことになったら勿体無いですからね。

ということで、まずあなたは動画配信サービスでどういう動画を観たいのか?今一度考えてみてください。

当サイトでは、各映像ジャンルごとにおすすめの動画配信サービスを比較・紹介しています。

『映画』を動画配信サービスで観たい方は…

スマホ
動画配信サービス(VOD)において、『映画』はメインコンテンツと言っても良いでしょう。

ほとんどの動画配信サービス(VOD)で映画は扱われており、邦画・洋画・アジア映画などの人気タイトルや、公開から間もない最新映画、昔懐かしの名作映画まで、様々な映画のタイトルがネット配信されています。

しかし、動画配信サービス(VOD)ごとに映画の配信ラインナップや充実度は大きく異なります。

以下の「おすすめ動画配信サービス比較記事」を参照して、映画の配信が充実している動画配信サービス(VOD)をまずチェック!

「日本映画(邦画)を観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
邦画の動画配信が充実しているサービスを比較しました!↓こちら↓

「外国映画(洋画)を観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
洋画の動画配信が充実しているサービスを比較しました!↓こちら↓

「新作映画をお得にポイント視聴できるおすすめ動画配信サービス3選」
ポイントを利用して新作の映画をお得に視聴できるサービスを比較しました!↓こちら↓

さらに、当サイト「ムービー通」では、『邦画』『洋画』の詳細記事を掲載しています。

特定の映画タイトルについての各動画配信サービス(VOD)の配信状況を比較し、その映画を観るのに最もおすすめの動画配信サービス(VOD)を紹介していますよ。

あなたの観たい邦画・洋画はどこの動画配信サービス(VOD)で視聴できるのか?
以下のリンクから検索してみましょう!

→→→『邦画』の人気タイトルを検索する←←←

.

→→→『洋画』の人気タイトルを検索する←←←

.

『ドラマ』を動画配信サービスで観たい方は…

スマホを持つ女性
『ドラマ』も、動画配信サービス(VOD)で人気のあるジャンルです。

国内各局のTVドラマや、アメリカ・ヨーロッパの海外ドラマ、韓流・華流ドラマ、テレビ放送直後の最新TVドラマ、ちょっと懐かしい人気ドラマまで、多くのドラマがネット配信されています。

ただし、『ドラマ』は権利関係が厳しく、配信されているタイトルの内容や充実度はサービスごとに相当バラつきがあります。

以下の「おすすめ動画配信サービス比較記事」を参照して、ドラマの配信が充実している動画配信サービス(VOD)を確認してみましょう!

「国内ドラマを観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
国内TVドラマの動画配信が充実したサービスを比較しました!↓こちら↓

「海外ドラマを観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
欧米TVドラマの動画配信が充実したサービスを比較しました!↓こちら↓

「ドラマの見逃し配信対応の動画配信サービスおすすめ3選」
国内の最新TVドラマの見逃し配信をしているサービスを比較しました!↓こちら↓

さらに、当サイトでは、『国内ドラマ』『海外ドラマ』の詳細記事を掲載しています。

特定のドラマタイトルについての各動画配信サービス(VOD)の配信状況を比較し、そのドラマを観るのに最もおすすめの動画配信サービス(VOD)を紹介していますよ。

あなたの観たい国内ドラマ・海外ドラマは、どこの動画配信サービス(VOD)で配信されているのか?
以下のリンクから検索してみましょう!

→『国内ドラマ』の人気タイトルを検索する←

.

→『海外ドラマ』の人気タイトルを検索する←

.

『アニメ』を動画配信サービスで観たいあなたは…

スマホを見る女性
『アニメ』は、動画配信サービス(VOD)で一番人気のあるジャンルと言っても過言ではありません。

国内・海外のTVアニメやアニメ映画、テレビ放送直後の最新TVアニメ、往年の名作アニメ、キッズ向けアニメ、OVAなどなど様々なアニメがネット配信されています。

ただ、アニメは作品数が膨大なため、サービスごとに配信しているタイトルや充実度は異なります。また、「アニメ配信専門の動画配信サービス」もいくつか存在します。

以下の「おすすめ動画配信サービス比較記事」を参照して、アニメの配信が充実している動画配信サービス(VOD)をチェックしましょう!

「アニメを観るのにおすすめの動画配信サービス5選+3選」
アニメの動画配信が充実しているサービスを比較しました!
「アニメ配信専門の動画配信サービス」についても紹介しています。↓こちら↓

さらに、当サイトでは、『アニメ』の詳細記事を掲載しています。

特定のアニメタイトルについての各動画配信サービス(VOD)の配信状況を比較し、そのアニメを観るのに最もおすすめの動画配信サービス(VOD)を紹介していますよ。

あなたの観たいアニメは、どこの動画配信サービス(VOD)から配信されているのか?
以下のリンクから検索してみましょう!

→→『アニメ』の人気タイトルを検索する←←

.

その他のジャンルを動画配信サービスで観るなら…

スマホ
映画・ドラマ・アニメ以外にも様々なジャンルの動画が動画配信サービス(VOD)にて配信されています。

例えば…『お笑い/バラエティ』『スポーツ』『ドキュメンタリー』『パチンコ・パチスロ』『音楽/カラオケ』『舞台/演劇』『グラビア/アダルト』などなど。

この辺りのジャンルは、少々ニッチなジャンルになるため、各動画配信サービスごとに配信状況が大きく異なります。

せっかく動画配信サービス(VOD)に登録したのに、観たいジャンルの動画が極端に少ない、そもそも取り扱い自体されていない、なんていうことも多々ありますね。

なので、まずは以下の「おすすめ動画配信サービス比較記事」を事前にチェックし、各動画配信サービスの配信ジャンルの充実度を比較しておきましょう!

「お笑い/バラエティを観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
お笑い/バラエティの動画配信が充実したサービスを比較しました!↓こちら↓

「韓国ドラマ(韓流)を観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
韓流ドラマの動画配信が充実したサービスを比較しました!↓こちら↓

「中国/台湾ドラマ(華流)を観るのにおすすめの動画配信サービス3選」
華流ドラマの動画配信が充実したサービスを比較しました!↓こちら↓

「特撮ドラマを観るのにおすすめの動画配信サービス5選」
特撮ドラマの動画配信が充実したサービスを比較しました!↓こちら↓

さらに、当サイトでは、『バラエティ』の詳細記事を掲載しています。

特定のバラエティタイトルについての各動画配信サービス(VOD)の配信状況を比較し、そのバラエティを観るのに最もおすすめの動画配信サービス(VOD)を紹介していますよ。

あなたの観たいバラエティは、どこの動画配信サービス(VOD)から配信されているのか?
以下のリンクから検索してみましょう!

→→『バラエティ』の人気タイトルを検索する←←

.

『端末』で動画配信サービス(VOD)を選ぶ

パソコン
動画配信サービス(VOD)に対応しているインターネット端末は、前述の通り多種多様で…。

  • 『スマートフォン』Android/iPhoneなど
  • 『タブレット』Android/iPad/Kindle Fireなど
  • 『PC』Windows/Macなど
  • 『スマートテレビ』BRAVIA/VIERA/AQUOSなど
  • 『メディアストリーミング端末』Chromecast/Fire TV Stick/Apple TVなど
  • 『ゲーム機』PlayStation 4/Wii Uなど

このように様々なインターネットデバイスから動画配信サービス(VOD)を視聴することができます。

しかし、各サービスごとに対応しているインターネット端末は異なるということは知っておきましょう。

まず、一般的なスマートフォン/タブレット(アプリ)やパソコンなどは、ほぼ全ての動画配信サービス(VOD)で視聴に対応しているので、お手持ちの端末からでも視聴可能でしょう。

しかし、テレビに関しては動画配信サービス(VOD)ごとに対応状況が結構異なります。

「新しく入会した動画配信サービス(VOD)、うちのテレビからは観られなかったわ」なーんてこともありがち。そんな時はどうします?テレビを買い換える?それは現実的じゃあないですよね。

ということで、「どのテレビが、どの動画配信サービス(VOD)に対応しているのか」ということを事前に確認しておけば捗りますよね。

「動画配信サービス(VOD)のテレビ視聴について」まとめた記事が以下になります。let's check!!

「動画配信サービスをテレビで観る3つの方法&おすすめサービス5選」
動画配信サービスをテレビで観たいと思っている方、閲覧必須です!↓こちら↓

「Chromecast(クロームキャスト)対応の動画配信サービスおすすめ5選」
Chromecastを利用して動画をテレビ再生したい方は必見!↓こちら↓

「Fire TV Stick対応の動画配信サービスおすすめ5選」
Fire TV Stickを利用して動画をテレビ再生したい方は必見!↓こちら↓

「Apple TV(アップルTV)対応の動画配信サービスおすすめ5選」
Apple TVを利用して動画をテレビ再生したい方は必見!↓こちら↓

『仕様』で動画配信サービス(VOD)を選ぶ

男女と犬

『料金が安い』動画配信サービス比較5選

  1. 『Amazonプライム・ビデオ』
    →一月当たり約408円(税込)
    ※年会費4,900円(税込)÷12ヶ月=一月当たり約408円
  2. 『dアニメストア』『アニメ放題』
    →どちらも月額432円(税込)
  3. 『dTV』
    →月額540円(税込)
  4. 『DMM見放題chライト』
    →月額540円(税込)
  5. 『auビデオパス』
    →月額607円(税込)

『見放題動画が多い』動画配信サービス比較3選

  1. 『dTV』
    →見放題動画本数12万本
  2. 『U-NEXT(ユーネクスト)』
    →見放題動画本数9万本
  3. 『Hulu(フールー)』
    →見放題動画本数5万本

『ダウンロード対応』動画配信サービス比較5選

  1. 『Hulu(フールー)』
  2. 『U-NEXT(ユーネクスト)』
  3. 『dTV』
  4. 『Amazonプライム・ビデオ』
  5. 『auビデオパス』

(詳しくは、以下の記事を参照してみてください。)

『他では観れない作品が多い』動画配信サービス比較5選

  1. 『FODプレミアム』
    →フジテレビのドラマ・バラエティなど多数独占配信
  2. 『Hulu(フールー)』
    →日本テレビのドラマ・バラエティなど多数見放題配信
  3. 『Paravi(パラビ)』
    →TBSのドラマ・バラエティなど多数独占配信
  4. 『Amazonプライム・ビデオ』
    →Amazonオリジナル製作のバラエティ・ドラマなど多数独占配信
  5. 『Netflix(ネットフリックス)』
    →Netflixオリジナル製作のドラマ・映画・アニメなど多数独占配信

まとめ

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました…!

最後に、有料動画配信サービス(VOD)の利用者数と今後の予測について紹介しましょう。

2016年末の有料動画配信サービス利用者数
1,160万人

2017年末の有料動画配信サービス利用者数
1.440万人

2018年末の有料動画配信サービス利用者数
1,750万人

2019年末の有料動画配信サービス利用者数予測
1,990万人

2020年末の有料動画配信サービス利用者数予測
2,190万人

2021年末の有料動画配信サービス利用者数予測
2,360万人

出典:ICT総研「2019年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」

このようになっています。

2019年4月現在、有料動画配信サービスの利用者数は、定額制サービスが1,480万人、PPVサービスが270万人で、合計1,750万人もいるとされています。

今後も有料動画配信サービスの利用者数は増加し続け、2021年末の段階では2,360万人。日本国民の約5人に一人が、有料動画配信サービスを利用すると予測されています!

このことから、何が考えられるでしょうか。

動画配信サービス(VOD)市場はさらなる成長が期待でき、今後もっと便利に、もっとお得に、もっと快適な動画鑑賞が出来るであろう、ということですよ…!

だったら、もう利用しないという選択肢はありませんよね。

ここまで、様々な動画配信サービス(VOD)を様々な要素で比較してきましたが、気になったサービスはありましたか?

当サイトで紹介する定額制動画配信サービス(VOD)は、サービス無料お試し期間を設けているので、気軽に無料体験してみるといいですよ。無料体験期間中にサービスを解約すれば、お金はかかりません。

継続的に利用していくかどうかはともかく、まずは「動画配信サービス(VOD)って、どんな感じなのかな?」と知ってみるだけでも、意味はあるかと思いますよ!

\それでは、良いムービーライフを!/

男性